ジール(zeal)という社名は熱意、熱心、熱情、熱中等、特定のことに対する献身さを伝える時に使う言葉。
私たちは、人生において大きな比重を締める「仕事」に熱中し、楽しむことは、
人生における最大の幸せだという考えのもと、「情熱をもって創る」を理念としています。
それは「ヒト」でもあり「モノ」でもあり「コト」でもある。夢みたいな事を本気で語り、それを実行しようとするチカラ。
「創造」と「解決」を繰り返し、常に変化をし続けるおもしろさにチャレンジする。
それが世界の人々へ「驚き」と「感動」を伝えることが出来る唯一の原動力。


Vision

何をもって世界一か。
それはクリエイティブ力かもしれないしデザイン力かもしれない。
会社規模、プロデュース能力、色々考え方はあると思う。
しかし、私たちの歴史は始まったばかり。「まだ何も決まってない」ことが私たちの強み。
ただ、目指すなら世界一。それが”何か”は走りながら。


情熱主義

理念とビジョンを具現化する考えを、私たちは「情熱主義」と呼んでいます。
これは、全ての役員および社員の行動指針として、大切にしている考え方です。

1

不屈の情熱と覚悟

情熱を持つことは全ての根源。不屈の情熱と覚悟、
そして愛によってコトは成し遂げられる。
キーワードは「have a zeal, have a love.」

2

創造と解決を繰り返す

人生において必要とされるチカラはこのふたつだけ。
常に創造と解決を繰り返す。

3

変化し続ける

最も強く、賢い者が生き残るのではなく、唯一生き残るのは、
変化出来る者。不安定な状態こそ最大の安定。
不安定こそが成長だと考える。

4

仕事は自分で創る

仕事は自分から創るべきで、与えられるものではない。
自ら変革・革新を始める。

5

一流の仕事をする

一流の仕事とはクライアントと市場が決める。
自分の評価は自分がするものでは無く他人がするもの。
楽な仕事など大した成果は無い。

6

自信を持ち粘りを持つ

徹底的に学ぶ。頭から煙りが出るほど考え、徹底的に準備する。
それこそが自信につながり粘りがでる。

7

神は細部に宿る

ディティールにこそ魂を込める。神は細部に宿る。

8

目先の利益を追うな

利益とは後からついて来るもの。金を追うな。人を追え。
損得の得より人徳の徳の方が大切。

9

場に貢献する

いかなる状況、状態においても、自分が出来る限りの最善を尽くす。
場に貢献することで人は初めて承認される。

10

大きな夢を持つ

夢を持たなければ人は生きていけない。
大きな目標、目的を持って仕事に取り組む。

11

クライアントを恋人だと思え

他者への創造力をかき立てることこそが、人を動かす原動力。
自分の強い思いだけではどうにもならない。
相手の気持ち(本質)を考えることが初めて絆を生む。

12

やるなら今しかねぇ

やれる時にやりきる。後回しにしない。走りながら考える。
それが自分の蓄積となり余裕が生まれる。