COMMERCE FACILITY

ユーザーに「感動」と「驚き」をテーマに、
五感を刺激する空間をプランニングする。

商業施設とは、そこで流れる時間、そこにいる人、照明、匂い、雰囲気、全ての関係性のもとで成り立っています。私たちが店鋪やショールームのプランニングを構築するにあたって一番大切にしていることは「五感を如何に刺激する空間」を構築することです。
また、販売チャネルはメーカーにとって非常に重要なマーケティング活動の場でもあります。ショールームや販売店舗などでの定説である「ほとんどのユーザーは何を買うか決めておらず、60%は商品を手に取った瞬間で決める」と言われますが、販売のノウハウがないと売れるデザインはできません。私たちは店頭プロモーション等で培ったノウハウをデザイン組み込む事によりプランニングからマネージメントまで総合的なデザインを創造します。

クリエーティブ局 
第1空間デザイングループ
川村 渉

クライアントの思い描くイメージのカケラをコンセプトとして吸い上げ、「想い」を共有することから私たちの仕事は始まります。
求められる能力は「バランス感覚」です。建築デザインは意匠・構造・各種設備・家具や什器・グラフィックサイン等、多岐にわたる知識とスキルを必要とします。特にこれらの要素が複雑に絡み合う商業建築においてはトータルで俯瞰する目線が我々建築デザイナーには求められています。
「想い」を具現化し、私たちが培った幅広いノウハウを付加価値としてカタチにする。
それが一つの建築として美しく調和していること。そこに生まれる「驚き」と「感動」がクライアントの幸福につながると信じています。

立川競輪場・全国ご当地らーめん専門店468

ジュエリーマキ・ミーナ天神店 改装

CAFE CLASSE 店舗新装

アイ・カフェ店舗 ALIENWARE エリア新装

まるかふぇ リニューアルオープン